クラウドコミュニケーションプラットフォーム「Twilio」を提供するTwilio Japanは9月21日、記者会見を開き、国内の事業戦略を説明した。デジタルエンゲージメントの強化に取り組む企業が増加していることから、機能強化とパートナーの拡充に取り組み、顧客獲得を目指す。
 
今野芳弘社長

 Twilioは、顧客の自社サービスやアプリケーションに電話やSMS、ビデオなどの機能をAPIやローコードによって組み込むことのできるサービス。全ての機能を単一のプラットフォームで提供している。今野芳弘社長は「新型コロナ禍でデジタルコミュニケーションの重要性が高まったことで、当社サービスの需要が拡大した。豊富な機能をAPIですぐに利用できる点が支持されている。最近は、コンタクトセンターなどでAIと電話機能を組み合わせて使うケースが多くなった」と説明した。

 同社ではビデオ機能の強化を行っている。現状では、企業が顧客と映像でコミュニケーションする際、他社のWeb会議ツールなどを利用することが大半だが、サービスにビデオ機能を組み込むことで利便性の向上を図ることができるとしている。