セールスフォース・ジャパンは6月15日に開いたアライアンス戦略説明会で、本年度の注力領域として、パートナーエコシステムの拡大・強化を挙げた。各地域のビジネス活性化を目的に、全国各地のパートナーや企業などと新しいグループ「地域エコシステム」を立ち上げる方針を示した。
 
浦野敦資 専務執行役員


 アライアンス事業統括本部パートナーエコシステム本部の原田考多・本部長は、パートナーや顧客、地銀、自治体、大学などとともに、新たに「地域に根ざしたエコシステムグループを立ち上げる」と説明した。首都圏発信ではない成功事例を各地域間で共有するほか、案件の創出を支援したり、引き合いが強い製品について、パートナーのスキル向上を後押ししたりする。

 パートナーに対しては、製品知識と実践力の2本柱で支援を拡充する。製品知識に関しては、ニーズが高まっている複数製品の導入に対応できる人材の育成支援に力を入れる。具体的には、学習プラットフォーム「Partner Learning Camp」のオンデマンドコンテンツを拡充し、2023年1月末までに講座数を74から150に増やす。また、最新製品のスキルを証明する新しい資格制度(Accredited Professional)を開始し、体系的に学習できる環境を整えている。