ニュース

日立システムズ、AWSとマネージドサービスの拡大に向けて戦略的協業

2022/09/22 16:33

 日立システムズはAmazon Web Services(AWS)と、マネージドサービスの拡大に向けて今年7月、3年間の戦略的協業契約を取り交わした。日立システムズでは提供するマネージドサービスにAWSクラウドの俊敏性、拡張性、セキュリティを組み合わせ、顧客が取り組むデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を、これまで以上に迅速に支援する。

 同社はこれまで「AWS Partner Ambassadors」や「APN AWS Top Engineers」「APN ALL AWS Certifications Engineers」を輩出している。今後も、AWS認定資格保有者を新たに1000人以上を増強することで、業種ごとに多様化する顧客からの要望に迅速・高品質なソリューション提供を可能とする。これらの取り組みにより、今後3年間のAWS関連事業で新規売上100億円を目指す。

 具体的には、これまで以上にAWS認定資格取得を促進し、デジタル人材の育成に取り組む。これにより、パブリッククラウドの提供体制が強化され、Gateway for Business Cloudによる迅速な顧客のクラウドリフト・シフトへの支援や新規サービス創造の促進を図る。

 新規サービス創造の促進では、昨年8月に発表した医薬・ヘルスケア領域の事業戦略での「重症化予防」と「デジタル薬(DTx)」のAWSを活用したプラットフォーム提供を推進していく。
  • 1

関連記事

日立システムズ、グローバル事業拡大に向け北米グループ企業を再編

日立システムズ、米Persefoni AIと炭素会計プラットフォームで協業

越谷市と日立システムズ、自治体DX推進に向けた人材育成で協定

外部リンク

日立システムズ=https://www.hitachi-systems.com/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>