ニュース

日商エレ、Blue Prismの「ゴールドデリバリープロバイダー」などに認定

2022/11/07 16:50

 日商エレクトロニクス(日商エレ)は11月4日、Blue Prismから「ゴールドデリバリープロバイダー」と「シルバーケーパビリティプロバイダー」に認定されたと発表した。


 Blue Prism認定プログラムでは、同社が定義する業務プロセス自動化の導入方法論(Robotic Operating Model)に準拠したビジョン、組織、ガバナンス、開発手法、サービスモデル、人材、テクノロジーなど、厳格な認証基準が定められている。

 日商エレは、17年からソフトウェアのロボットをデジタルな労働力として安全に戦力化させるサービスを提供している。引き続き、Blue Prism開発者育成、豊富なBlue Prism導入実績に基づいて開発されたオブジェクト、プロセスのテンプレートの「Blue Prism Digital Exchange」への公開、Blue Prismとさまざまなテクノロジーを組み合わせた完全自動化の取り組みを通じて、Blue Prismのデジタルワーカー活用を推進し、顧客のビジネス変革をサポートしていく。
  • 1

関連記事

日商エレとJTP、情報システム部門向け「IT運用業務自動化サービス」を提供

日商エレ、「Zoom Phone」(Nativeモデル)の取扱開始

日商エレとJTP、金融機関向けモダナイゼーションサービスを提供

外部リンク

日商エレクトロニクス=https://www.nissho-ele.co.jp/

Blue Prism=https://www.blueprism.com/japan

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>