ニュース

SBT、「MSS for EDR」の新たな監視対象に「CrowdStrike Falcon」を追加

2022/12/26 15:23

 SBテクノロジー(SBT)は、法人の顧客向けにサイバー攻撃の検知や対処が可能な統合セキュリティプラットフォーム「CrowdStrike Falcon」をマネージドセキュリティサービス「MSS for EDR」の新たな監視対象として追加し、12月22日にサービスの提供を開始した。


 これまでSBTでは、EDR製品のマネージドセキュリティサービスであるMSS for EDRの対象メニューを顧客のニーズに合わせて充実させてきた。今回、サイバーセキュリティ業界でリーダーポジションを確立し、エンドポイントセキュリティ市場で大きなシェアをもつCrowdStrike Falconを新たに追加する。

 MSS for EDRで提供するサービス内容は、SBTのセキュリティ監視センター(SOC)から顧客環境のCrowdStrike Falconを24時間365日体制でセキュリティアナリストが監視とログ分析、報告を行う。不審な挙動を検知した場合は、顧客に代わって迅速に対処(被害が疑われる端末をネットワークから即時隔離など)を行う。また、他の端末への影響調査を行うことで、復旧までの時間を短縮することが可能となる。
 
  • 1

関連記事

SBT、竹中セントラルビル サウスに「Smart Secure Service」を導入

SBテクノロジー、エンジニア採用・人財開発の領域でModisと業務提携

SBTと富士通、自治体でのゼロカーボンシティ施策推進に向け実証実験

外部リンク

SBテクノロジー=https://www.softbanktech.co.jp/

「MSS for EDR(CrowdStrike Falcon)」=https://www.softbanktech.co.jp/service/list/managed-security-service/mss-for-edr/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>