ニュース

米Oracleが日本に約1兆2000億円を投資 AI需要とデータ主権に対応、DCと人員も増強

2024/04/25 16:00

週刊BCN 2024年04月29日vol.2012掲載

 米Oracle(オラクル)は4月18日、日本向けに今後10年間で80億ドル(約1兆2000億円)を投資する計画を明らかにした。沸騰するAI需要や、自国の規制や法律などに準拠してユーザーが国内でデータを保有・管理できる「データ主権」の潮流加速に対応するため、データセンター(DC)の増強や運用・サポート人員の充実を図り、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」の事業を拡大する。同日、都内で会見したサフラ・キャッツCEOは「日本経済は動き出しており、最先端のテクノロジーへの需要を実感している」と述べた上で「投資額は最低限だ。日本でのビジネス状況や、私たちが感じている旺盛な需要を踏まえ、実際にはさらに投資することになっても不思議ではない」と意欲を見せた。
(藤岡 堯)
 
米オラクル サフラ・キャッツ CEO

 ハードウェアの増強に関しては、東京、大阪両リージョンのDCに加え、顧客のDCにOCI環境をIaaS、PaaS、SaaSの全レイヤーで構築する「Dedicated Region」や、その環境の運用も顧客側で実行でき、顧客が自社のクラウドサービスとして販売可能となる「Oracle Alloy」で提供される分も対象となるもよう。人員面では、両リージョンの国内カスタマーサポートチームと、Oracle Alloy、Dedicated Regionの国内運用チームを強化する方針が示された。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

日本オラクルがセミナー、公共システムを「イケてる」システムに デジタル庁担当者らが講演

米Oracle クラウド型ERPの未来はAI活用にあり 年次イベント「SuiteWorld 2023」を開催

富士通がセールスフォース製品によるMA事業を強化 国内トップのtoBeマーケティングを傘下に

富士通がコンサルビジネスに本格進出 新事業ブランド「Uvance Wayfinders」を発表

外部リンク

日本オラクル=https://www.oracle.com/jp/

富士通=https://global.fujitsu/ja-jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>