初心

松本充司 社長


 親会社(ネットマークス)が日本ユニシスグループに入ったことで、2008年は初心に戻った気持ちで会社の成長を考える。

 これまで仮想化技術など最先端のテクノロジーを駆使したソリューションでユーザー企業に認められてきたと自負している。初心を掲げるからといって、これをリセットするというわけではない。初心に戻るということは、新しい強みを加味するということだ。今後は、これまでのノウハウと日本ユニシスグループの一員であることも生かして、新市場を創造していきたい。

 ただ、気になるのは今後のベンダーとのパートナーシップだ。当社では、日本IBMの製品を活用した仮想化を得意としているが、日本ユニシスグループに入ることで影響が出てくるかもしれない。というのも、金融業界などでは日本ユニシスと日本IBMが競合しているからだ。しかし、当社をきっかけとして、ある分野ではアライアンスを組むというケースが増えていけば当社の存在感も増すはずだ。

 07年は、ICTを取り巻く環境は厳しかったといえる。しかし、08年は仮想化をはじめ、SaaSやコンプライアンスなどで明るさが期待できる。しかも、コンタクトセンターなどの投資意欲が活発化し、ビジネスチャンスがあるとみている。なかでも、仮想化はサーバーだけでなく、ネットワークやストレージなどでもニーズが出てくるといえる。こうした分野でも、積極的にチャレンジしていく。


(1)生年月日: 1948年12月2日 (2)年齢: 59歳 (3)出身地:千葉県松戸市 (4)出身領域:営業系