シーティーシー・エスピー
熊崎伸二 社長
 改めて「コアコンピタンス」をしっかりと固める。ディストリビュータとしての役割と強みは何かを明確にしなければならないからだ。

 当社は、販売パートナー向けと(親会社の)伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)向けのビジネスを展開しているが、それぞれが求める製品やサービスを提供することが責務だ。そこで、ワンストップのサービス体系「Smart Zero-One」を発表した。製品に依存せず、ユーザー企業の業務ニーズに沿ったものになっており、製品選択やデータ・システム移行、コスト、納期、窓口などに関する悩みを解決するためにサービス体系内容をメニュー化したものだ。メニューの定型化で、販売パートナーが売りやすい環境を整えたのだ。第一弾として、ニーズが高まる「データ・システム保護復旧サービス」の提供を開始した。

 CTCに対してはグループの最適化を視野に入れ、製品調達の代行に取り組んでいる。これまでは、CTCの営業担当者が製品発注をかけて、当社が卸してユーザー企業に提供するという流れだった。しかし、これでは二重の作業が発生しているといえる。業務効率化を図る意味でも、ディストリビュータである当社が調達代行を行うべきと判断した。バイイング・パワーの強化にもつながると考えている。

 2009年は、「変革」という言葉をキーワードに掲げた。これを実現するためにも、しっかりとした「核」をもつことが重要だ。