「R7 シリーズ」「医療」「法令改正」――三本の矢

ピー・シー・エー 水谷学 社長
 「R7シリーズ」「医療」「法改正」の三本の矢を前面に出して、2010年は頑張りたい。09年度下期は、新製品を集中して投入した。「Windows 7」に合わせて発売した「R7 シリーズ」は、11製品が「Windows 7」のロゴ認定を受けており、マイクロソフトと連携して販売していきたい。医療情報システムも新しい商材で、これから伸びていくはずだ。そのほか勤怠管理のシステムが好調で、これが従来売れていた業種以外の医療分野などにも広がっていくと期待している。

 法改正は、非常に重要で抜群に影響力がある。当社は、公益法人会計ではシェアトップで、新規導入やバージョンアップが期待できる。新会計基準で財務諸表を作成しなければならないし、古いシステムは置き換えなければならないからだ。

 SaaS事業は、09年度上期に2.6倍伸びた。これからどんどん伸びていくだろう。SaaSの商談が多くなっており、景気は底を打ったと考えている。とはいえ、本音では10倍以上の伸びを期待していた。月額課金に対応できていない販社が多いのが課題だ。プリペイドパックを提示するなどしているが、まとまったロイヤリティーを手にしたいという要望がある。その点に関しては、ユーザーの利便性を考えて、現状では最低2か月の縛りをかけている。イニシャルコストゼロのプランでSaaSを利用するユーザーは、全体の約半数を占めており、この比率は高まっていくとみている。