二つのDと一つのS

三菱総研DCS 木村高志 社長
 三菱総研DCSの社名になぞらえて、キーワードは、顧客と社員とのダブル(=D)のコミュニケーションが、会社を強く(ストロング=S)するという意味で「二つのDと一つのS」とした。私は、2009年10月にDCSの社長に就任。前職の三菱東京UFJ銀行では、ITシステムに携わる機会が多く、西暦2000年問題の際にはシステム企画室を担当。08年頃までの行内基幹業務システムの統合時には、法人部門の担当役員。今回、DSCの経営を担うのも、こうしたシステム関連の経験が評価されてのことだ。

 折しも親会社の三菱総合研究所(MRI)は09年9月、東京証券取引所に株式を上場。当社はMRIグループのSIビジネスの中核を担うポジションにある。これまでMRIや三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、三菱UFJリサーチ&コンサルティングと密に連携し、金融に強いSIerとしてビジネスを展開してきた。MRIはコンサルティングファームとして経営戦略の立案などに強く、MUFGは多くの法人顧客を有している。各社との連携を通じて顧客を積極的に開拓。本業であるSIビジネスにつなげていく基本戦略は、今後も変わらない。

 経営方針では、「グローバル」「ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)」「アライアンス」の三つを重視。MUFGの世界規模のネットワークや、当社のデータセンターを活用したBPO、グループ内外の連携強化でビジネスを伸ばす。