形を作る意味で「成」という言葉を挙げる。組織強化や製品ラインアップの拡充、アライアンスなど当社が成功するための年と位置づけている。

 質と量ともに高めていかなければならない。ライセンスビジネスをさらに強化し、クラウドサービスの提供など販売パートナーが売りやすい環境を整える。これにより、セキュリティ業界で強固なポジションを確立していく。また、首都圏以外の地域についても事業強化を図っていくつもりだ。

デジタルアーツ
道具登志夫 社長
 リーマン・ショックで景気が悪くなったが、厳しい時こそ攻めるべきと捉えて、2009年は「トライアル」をコンセプトに掲げてビジネスを手がけてきた。これにより、業績が順調に伸びたほか、マーケットでOEMを含めて確固たる地位を築いた。アライアンスでは、フィルタリングソフト「i-FILTER」とKaspersky Labs Japanが提供するウイルス対策ソフトの「Kaspersky Anti-Virus for Proxy Server」の機能を融合したソリューションを提供したほか、総合的な管理・運用機能をパッケージ化した電子メールフィルタリングソフト「m-FILTER」について日本IBMのコラボレーション・プラットフォームである「Lotus Notes」との連携を実現した。

 2009年の成果に満足せず、助走期間だったと捉える。山に例えれば、「二合目」に到達したところだ。2010年はせめて「六合目」まで登りたい。