販売・営業強化の年

野村雅行 社長
 クラウド活用型の商材を大幅に増やした。顧客のクラウド商材への関心は極めて高い。2011年はここ数年、当社が積極的に拡充してきたクラウド関連商材を軸に、販売・営業強化の年としたい。クラウドで先進技術を多数保有する日本IBMと、ネットワークインフラに強いNTTの折半出資である当社は、多くの国内SIerのなかでも絶好のポジションにある。

 ドキュメント管理やワークフローなど、独自のクラウド/SaaS型アプリケーションサービスを相次いで投入してきた。NTTコミュニケーションズのSaaS基盤サービス「BizCITY(ビズシティ)」とも連携。信頼性の高いVPN(仮想プライベートネットワーク)を使ったセキュアなクラウドサービスに仕上げている。また、日本IBMの「WebSphere Cast Iron(ウェブスフィア キャスト アイアン)」を活用したSIビジネスにも力を入れる。この製品は、10年5月に米IBMが買収を発表したソフト開発会社の技術をWebSphereに新しく取り入れたもので、当社は国内で最も早いタイミングで販売を始める。

 Cast Ironは、ユーザー企業内で稼働する業務アプリケーションと、外部のパブリッククラウドサービスとのデータ連携を短期間のうちに実現するもので、クラウドインテグレーションのツールとして役立つ。当社は自前の独自サービス商材と絡めながら、自らの強みとする業種顧客への販売を強化して、ビジネスを大いに伸ばす。