年頭所感

【2011年 年頭所感】 日立ビジネスソリューション

2011/01/20 20:39

週刊BCN 2011年01月17日vol.1366掲載

突破

木村伊九夫 社長
 利益確保の取り組みがひと段落した状況だ。2010年度は元気を取り戻しつつある。これからは、売り上げ伸長に向けた取り組みを本格化させる。

 グループ再編で親会社が大きくなったことが追い風となっている。親からの仕事が期待できるからだ。それだけではない。景気が悪かった頃は、社員の作業量を確保するために受託開発の仕事探しに奔走していたが、これが落ち着いてきた。利益を上乗せするために、粗利の高いパッケージ販売に力を入れていくことができる。

 自社パッケージのメイン商材は、司法書士事務所向けシステムと新聞販売店向けシステムだ。この二つの業界は厳しい状況にあるが、機能強化を図って市場を活性化させていきたい。自社パッケージのASP/SaaS化も積極的に推進する。

 このほか、受託開発したソフトウェアをパッケージに汎用化していく。例えば、給食・栄養管理システム「HI!SAMANTHA」。2010年に販売を開始して以来、多くの反響をいただいている。小売店向けの販売管理システムなど、ユーザー企業から声をかけられることもある。専門領域で強みをもつパートナー企業と関係強化を図っていく考えだ。

 市場競争力確保のために、中堅・中企業向け共通アプリケーション基盤を活用し、短納期化に対応していく。また、何がユーザー企業の利益になるのか、営業担当者が主体的に考えていけるように営業力を強化する。

関連記事

【2010年 年頭所感】 日立ビジネスソリューション

大塚商会と日立ビジネス、自社構築型の在宅勤務支援ソリューション

<「IT経営」コーディネート 企業活性化にITCの妙手>127.日立ビジネスソリューション(前編)

<「IT経営」コーディネート 企業活性化にITCの妙手>128.日立ビジネスソリューション(後編)

おすすめ記事