サービスのイノベーション

入部泰 社長
 円高や電力供給不足といった問題を抱えて、ICTの市場環境は不安定な状況に置かれている。そんななかで、2011年は、ネットワークやストレージ、サーバーへの需要が確実に現れてきた。東日本大震災の発生によって、ユーザー企業はITが事業継続のための有効なツールであることの認識を高めた。当社はハードウェアの販売を柱として、2011年には事業をおよそ10%伸ばすことができた。

 私どもは「サービスのイノベーション」をキーワードに掲げ、新規のサービス事業を強化することによって、従来型ビジネスの縮小を補う戦略をとっている。向こう3年でとくに注力したいのは、統合システムマネジメントサービス「IP&A」だ。最近、ある金融機関から受注するなど、このところ「IP&A」は順調に伸びている。2012年、「IP&A」を一つの中核的な商材と位置づけ、安定的な収入が見込めるストック型ビジネスの拡大に取り組んでいく。

 当社は、機器の運用・保守事業を成長させていく。今後、自社が販売した機器に限らず、他ベンダーが販売した機器の運用・保守案件も獲得する。「運用・保守を丸ごとください」という切り口から、提案活動に力を入れていく。ユニシスグループ全体で、2013年3月期での黒字化を目標としている。斬新なサービスを商材にもって、グループの黒字化に大きく貢献したい。