挑戦と実行

入部泰 社長
 経済環境が芳しくない状況が続き、2010年度の当社の業績も、非常に厳しい見込みだ。従来型のシステム運用・保守サポートを中心とした事業展開の限界がみえてきたので、11年の初頭から、新しい事業領域の開拓に注力していく。11年度(12年3月期)からスタートする3か年計画を立てており、既存事業以外でおよそ200億円の売り上げを創出することを目標に掲げている。

 現在は、事業拡大の基盤となる社員の行動力の向上に取り組んでいる段階だ。当社は業態の性質上、これまであまり能動的でない営業スタイルを採ってきたが、今後はお客様のシステム環境の稼働を総合的にサポートするプロアクティブな営業を定着させるために、社員の日々の行動を体系的に管理し、積極的にお客様のところへ行く習慣を身につけさせていく。これからはシステムの運用・保守だけでなく、アセスメント(IT資産運用)やコンサルティングなども、当社のサービスメニューの柱にしていきたい。

 クラウドコンピューティングの普及を受け、日本ユニシスグループ全体で、クラウド・サービスの技術基盤の構築を推し進めている。自社ブランドとしては、幅広いユーザーに向けたSaaS型サービスの展開を拡大させているところだ。また、クラウドに力を注ぐと同時に、サーバーやストレージを含めたシステム販売に伴う運用・保守サポートを、今後も一つの大きな柱として維持していく。