進化と変革

石田壽典 社長
 景気が回復基調にあるなかで、東日本大震災が起きた。しかし、意外にも当社には震災の影響はなかった。ユーザー企業のなかにはタイの洪水で被害を受けたところはあったが、これも当社の業績に響かなかった。ただ、下期に入り、ヨーロッパの金融危機を受けて先行きの見通しを立てにくくなっている。

 2012年は、進化と変革の1年。海外、関係子会社のSAPシステムの見直しなどに伴うシステム再構築案件をさらに伸ばす。SOA(サービス指向アーキテクチャ)を利用したアプリケーション連携を多く手がけており、これを一つの柱にする。ユーザー企業のグローバル展開の支援強化やハードウェアとの連携サービスによる新領域の開拓も進める。既存のSI事業を固めつつ、グローバル、クラウドに対応していくことがキーワードになる。

 また、2011年4月に新たに組織したコンサルティング統括本部の下で、システム企画段階でのコンサルティング能力の向上や製薬業向けソリューションのさらなるテンプレート化、海外対応ERP(統合基幹業務システム)「A・S・I・A・」のクラウド基盤「Windows Azure Platform」上での提供などを推進していきたい。すでに、SaaS提供している「MCFrame online 原価管理」の価格設定やアフターサービスの経験をクラウド事業に生かす。