天荒を破る!

溝口泰雄
取締役常務執行役員
 破天荒というキーワードに、「今まで人がなし得なかったことを実現しよう!」という想いを込めた。IT業界の強烈な変化に対応するために、これまで以上に大胆な取り組みを進めるということを意味する。その最たる例が、iPhoneやiPadをベースとしたビジネスだ。スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを業務で有効活用することで、多くのユーザー企業がワークスタイルの変革を実現している。

 今後は、情報システム部などの管理担当者ではなく、システムサービスの利用者である一般社員が主体的にコンピュータを操作して仕事に役立てる「エンドユーザー・コンピューティング」が主流になる。そのカギを握るのがモバイルデバイスで、クラウドサービスと組み合わせることで、これからも、他社が真似できない新しい製品・サービスを創造していく。

 また、システム管理者の負荷を軽減しながらシステムの利便性を高めるソリューションとして「DaaS」があるが、販売パートナーにとってはモバイルデバイスとシステムとの組み合わせが大型案件につながることを勘案すれば、モバイルデバイスはさらに浸透していくことが予想される。

 以前から「ITと通信の融合」を標榜し、実現を見据えた取り組みを進めてきた。融合があたりまえの時代になりつつあることからしても、さらに当社のビジネスが成長することを確信している。