地方ITビジネスの羅針盤 各地の動きに成長の萌芽をみる

<地方ITビジネスの羅針盤 各地の動きに成長の萌芽をみる>島根県の動きに成長の萌芽をみる(3)

2013/10/24 20:29

週刊BCN 2013年10月21日vol.1502掲載

 島根県のソフト系IT企業は、Rubyの振興を図りながら、各社それぞれのビジネスを盛り上げている。ニアショア開発では、「しまねソフト産業ビジネス研究会」を中心に、県内のソフト系IT企業が県外から獲得した案件を共有して、大規模開発にもすみやかに対応できる体制を敷いている。また、新たにRubyを開発言語としてパッケージソフトを提供するベンダーも増えてきた。(取材・文/真鍋 武)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

<地方ITビジネスの羅針盤 各地の動きに成長の萌芽をみる>島根県の動きに成長の萌芽をみる(2)

<地方ITビジネスの羅針盤 各地の動きに成長の萌芽をみる>島根県の動きに成長の萌芽をみる(1)

<中国地方の動き>クラウドとRubyで地域起こし Rubyを島根から全5県へ波及

おすすめ記事