地方ITビジネスの羅針盤 各地の動きに成長の萌芽をみる

<地方ITビジネスの羅針盤 各地の動きに成長の萌芽をみる>島根県の動きに成長の萌芽をみる(2)

2013/10/17 20:29

週刊BCN 2013年10月14日vol.1501掲載

 産学官の連携によるIT産業振興が実を結び、Rubyの先進地域としての地位を確立した島根県。しかし、好調がいつまでも続くわけはないとみて、県はすでに新たな施策を打ち出している。アジャイル開発や自社サービスの提供、ユーザー企業との密接な結びつきによる“パートナー型ビジネス”など、ソフト系IT企業に対して、従来の受託ソフト開発からのビジネスモデルの転換を訴求している。(取材・文/真鍋 武)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

<地方ITビジネスの羅針盤 各地の動きに成長の萌芽をみる>島根県の動きに成長の萌芽をみる(1)

<地方ITビジネスの羅針盤 各地の動きに成長の萌芽をみる>徳島県の動きに成長の萌芽をみる(4)

潮目が変わるソフト開発 「プログラミングをなくせ」 スマートデバイスが火つけ役に

注目の「納品のない受託ソフト開発」 SIビジネスの次世代モデルになり得るか

<IT業界の死角 窮地脱出の処方箋>【シリーズ1 ISV】第44回(最終回) 「参入障壁」「世界」「開発力」が勝ち残りに必須

おすすめ記事