影山岳志 社長
 2014年に創立60周年、設立30周年を迎えた。節目の年として、お客様と社会の「お役に立つ」企業としてさらに邁進してきた。この考えは、これからも変わらない。そういった意味で、あえて「これからもずっと お役に立つ」をキーワードに掲げる。

 お客様が喜ぶものを提供することを信条に、製品・サービスを提供してきた。具体的には、IT機器の資産管理から廃棄までを当社が支援する「LCM(ライフサイクルマネジメント)」などITサポートサービスのラインアップを充実している。キッティングサービスを専門に行う工場も設置した。また、モバイル機器を用いてワークスタイルを変えようとする動きがユーザー企業の間で高まっているので、モバイルノートPCやタブレット端末の販売に加えて、営業担当者が社内システムにアクセスしてオフィスと同様に業務を遂行したり、製造現場で画像を共有しながら作業を進めることができたりする製品・サービスを提供してきた。ウェアラブル端末にも着目し、ヘルスケアなど業種別にソリューションを提案することにも力を注いだ。2015年は、セキュリティを強化したモデルなどモバイル関連で特徴のある製品を次々と発売していく。さらに、モビリティ活用のニーズに応えることができるはずだ。

 2015年7月には、Windows Server 2003のサポートが終了する。業界を挙げて、サーバーリプレースの必要性を訴えることで、新しいワークスタイルを提案していきたい。