コニカミノルタビジネスソリューションズ(和田幹二社長)は、複写機メーカーらしい方法でマイナンバー(社会保障・税番号)の「収集の仕組み」を提供している。企業などの事業所は、この10月以降、従業員とその扶養家族のマイナンバーを収集するわけだが、収集する際に番号が他人に見られたり、散逸しない措置が求められたりする。そこで同社では、できるだけ他人に番号が見られないようにするため、コニカミノルタ製の複合機のスキャナ機能を使って、企業のマイナンバー管理者に番号を届ける仕組みを開発した。