景気回復が顕著にあらわれた2015年。ユーザー企業の強いIT投資意欲を実感したのではなかろうか。その勢いは2016年も続くとみるのが大勢だ。2016年はIT企業トップの多くが“新たな夜明け”を展望し、今が躍進の時と捉え自らも新しい取り組みに舵を切る。恒例の新春特別企画「IT企業トップの年頭所感」。ここでは、2016年に向けての各IT企業の意気込みを紹介する。

 当サイト「BCN Bizline」では、1社1記事として、1月7日から順次掲載していく。


【第1弾】『週刊BCN』2016年1月4日付(vol.1610)掲載 (2016年1月7日公開)

NTTデータ - 不連続の発展
野村総合研究所 - 新しいビジョンの実践の年
東芝 インダストリアルICTソリューション社、東芝ソリューション - 東芝の「人を想うIoT」
ITホールディングス - 新たなステージへ
日立システムズ - 共に創る
新日鉄住金ソリューションズ - 成長の宝の山
富士通マーケティング - マーケティング・ファースト
JBCCホールディングス - IoT×LoB×エコシステム
富士通システムズ・イースト - ソリューションとグローバル
富士通システムズ・ウエスト - ホスピタリティ
NECソリューションイノベータ - 個を活かす会社
CAC Holdings - Digital 3.0
電通国際情報サービス - 挑む勇気
アイティフォー - 機敏
オージス総研 - エネルギー自由化対応の完遂
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ - トランスフォーメーション
アイネット - お客様と共に
NSD - Change
関電システムソリューションズ - 電力IT市場におけるメインプレイヤー
富士通エフ・アイ・ピー - サービスビジネスの変革をリード
富士通エフサス - No.1 Service Front Company
NECフィールディング - グランディール
ユニアデックス - 進化を加速
東芝ITサービス - Change For Growth

【第2弾】『週刊BCN』2016年1月11日付(vol.1611)掲載 (2016年1月14日公開)

ソフトバンク コマース&サービス - フォーカス
ダイワボウ情報システム - 成長・協創
シネックスインフォテック - 変化を捉えた成長
ネットワールド - ITの仮想化から自動化へ
日本情報通信 - おもひをITでカタチに
TDCソフトウェアエンジニアリング - 攻めの投資で未来へ結ぶ
菱洋エレクトロ - IoTアプローチによる新たな価値
フューチャーアーキテクト - リアルタイム
NECネクサソリューションズ - 価値創造!続続
ヤマトシステム開発 - 人と物を結ぶ攻めのIT
日本事務器 - Change Management
内田洋行 - 丙申
富士通ビー・エス・シー - 自律と共創
ミツイワ - IoTとイノベーション
アイエックス・ナレッジ - 「動く」innovate
JFEシステムズ - 働き方の改革
理経 - 成功体験捨て次の柱発掘へ
ニッセイコム - 進取果敢
SRAホールディングス - 組み込み+ワイヤレス+クラウド=「IoT」推進
エス・アンド・アイ - 革新への挑戦
富士ソフト - CRMがビジネスの牽引役に
日本システムウエア - これまでを超える、これからを
コア - コアビジネス
豆蔵ホールディングス - IoTで世界に勝つ

【第3弾】『週刊BCN』2016年1月18日付(vol.1612)掲載 (2016年1月21日公開)

大塚商会 - ソリューション
リコージャパン - CCS(Customer's Customer Success)
日立ソリューションズ - はずむ
日興通信 - 互いを活かす協業の推進
富士ゼロックス - ノートライ、ノーサクセス
エプソン販売 - エコオフィスの追求
OKIデータ - イノベーション
ブラザー販売 - さらにユニークに
日本電子計算 - FinTech
NTTソフトウェア - クラウドセキュリティ市場を広げる
エヌシーアイ - 0(ゼロ)ストレスなIT環境を提供
日本オフィス・システム - 協創
DTS - 革
TKC - お客様の繁栄のために これまでも、これからも
NECネッツエスアイ - 次の成長への第一歩
ミロク情報サービス - 中期経営計画の必達
応研 - 大臣エンタープライズビジネスの拡大
OSK - 1+1を3に
オービックビジネスコンサルタント - IoTへの第一歩
ピー・シー・エー - クラウド・トゥ・クラウドの加速
弥生 - 保守サービスとクラウドで成長
ソフトクリエイトホールディングス - 重
キヤノンMJアイティグループホールディングス - 業界をリードするポジションに

【2016年 年頭所感・取材後記】2016年、マイペースで攻める