「昼食後は眠くなる。だったら、寝たほうがいい。ウトウトしながら仕事をするのは効率が悪い」と、コー・ワークスの淡路義和社長。同社は社員に昼休みを奨励している。オフィスのイスには、しっかりリクライニングできるものを選んだ。淡路社長は、会社員時代に「昼寝をしていて上司に怒られた」。理由を説明したが、逆に組織としてのあり方を説かれることとなる。正論ではあるものの、それでいいのか。小さな疑問の一つひとつが、同社の“上流志向”を支えている。(取材・文/畔上文昭)