橋本晃秀 社長
 社会や経済を大きく変化させている「IoTデジタルビジネス時代」の今、ITインフラとシステム運用で最先端のインテリジェンスなITと人力(ひとりょく)によって、お客様に価値ある「バリューオペレーション」を提供することを当社は目指している。

 さまざまなサービス、システムと業務アプリケーションが複雑に連携する世の中において、お客様がストレスを感じることなく安心して快適に利用していただけるIT環境を24時間365日提供していくことが重要だ。当社は、これまでもお客様のビジネスをサポートしてきた。これからも、お客様がさらに飛躍できるよう、サポートし続けていく。

 「『バリューオペレーション』で0(ゼロ)ストレスなIT環境をお客様に提供する」には、当社自身が新しいビジネスに取り組まなければならない。そのため、2016年第1四半期のリリースを目安に、運用システムのイノベーションを起こす新しいオートノミックな運用自動化基盤の開発を進めている。また、お客様はASEANを中心に海外進出によってビジネスを拡大しようとしている。そのお客様にバリューオペレーションを提供するため、当社も海外を視野に入れてビジネスを手がけていく。海外ビジネスは、これまで実績がないが積極的に投資をしていく予定だ。

 国内IT市場は、1ケタ成長との見方が一般的だ。そのような環境のなかで、当社は10%以上の成長を狙う。