テクノロジーか、業務ノウハウか。元請けとして開発案件を受注するには、得意分野をもっているかどうかで大きく変わってくる。「なんでもできます」では判断材料とならず、発注側のユーザー企業には「なんにもできない」と同等にみえてしまうからだ。システム開発と自社パッケージの両輪でビジネスを展開しているSCP.SOFTは、東京や福岡などで獲得した案件を本社がある大分市で開発している。同社がこだわるのは、テクノロジーよりも、特定業界の業務ノウハウを身につけ、それを強みとすることである。(取材・文/畔上文昭)