東京都情報産業協会(IIT)の根本健時会長(システムコーディネイト社長)の「SI論」は、「再現性のあるビジネス」の実現だ。大型プロジェクトの有無や景気変動の影響を受けにくく、持続可能なビジネスを根本会長は「再現性のあるビジネス」と呼ぶ。大型プロジェクトに十把一絡げで動員される「作業者」ではなく、「技術者」をビジネスの主役に位置づけ、自社の付加価値の源泉にすることで、外部環境に左右されにくいビジネスモデルの構築を目指す。