内閣府が、総合的・基本的な科学技術・イノベーション政策の企画立案および総合調整を行うことを目的とした『総合科学技術・イノベーション会議』の「システム基盤技術検討会」の委員として参加させていただいている。日本は、『超スマート社会』の実現を目指すというシナリオとなっており、ICTの役割の必須性と重要性が強く認識されている。超スマート社会の実現に向けては、「IT総合戦略本部」および「サイバーセキュリティ戦略本部」との連携を強化しながら、日本が強みを有する研究や技術を伸ばしながら推進すべきと記述されることになる予定である。また、IoT(Internet of Things)の推進と、それらの「システム化」の必然性と必要性が強調されている。この動きは、従来の情報通信産業に閉じるものではなく、すべての産業領域に適用され、すべての産業が、規模の違いはあれ、IT産業およびインターネット産業の顧客であり市場となることを意味している。