自動車の制御用OSとしてAUTOSARの採用が進むなか、関連するツール類もAUTOSARに対応する必要性が増している。組み込みソフトの検証ツールなどを開発するガイオ・テクノロジーは、AUTOSARの普及を見越して2010年の段階で対応を決定。日本のツールベンダーとして最も早い時期に欧州にあるAUTOSAR開発コンソーシアムのパートナーとして参画している。