東海地区の有力な独立系SIerであるトーテックアメニティは、近年、首都圏でのビジネスを強化している。よりパイの大きな市場で、成長の基盤を確立しようとしているのだ。課題は、大きく二つ。自社のパッケージ商材を生かし、業種特化のノウハウを生かし、新規の案件を増やすこと。そして、既存ビジネスの中心であるSES(System Engineering Service)も含め、いかにして人材を確保するかだ。(取材・文/佐相彰彦)