「現在も未来もソフトウェアロボットの開発・販売に注力する事業方針は変わらない」と、アルゴスサービスジャパン(アルゴス)の佐藤茂之代表取締役社長は断言する。オンラインサービス市場では、ネットワークサービスの性能測定や監視、試験の品質管理を人海戦術で対応してきた。オンラインサービス企業が抱えるこうした課題に対して、アルゴスはロボットによるサイト・アプリパフォーマンス監視・分析システムを開発。これを機に、ビジネスの成否を賭け、ネットワークサービス市場への参入を果たした。(取材・文/鄭麗花)