会報誌「J-Ship」を年に2回発行している日本情報技術取引所(JIET)。同誌の制作を担当しているのが、2014年7月に発足した広報委員会だ。JIETの活動やIT業界が活性化するきっかけとなるような会報誌を目指している。「いずれは、発行ペースを年4回に増やしたい」と、貝瀬幸敏・広報委員会委員長は考えている。広報委員会はほかにも、ウェブページの運営、イベントの企画・運営、プレスリリースなど、JIETの活動を内外に伝える役割を担っている。