SI論

<SI論 システム開発はどう変わるのか>第65回 フロンテス 開発者とテスト担当者がタッグを組む

2016/11/16 16:04

週刊BCN 2016年11月07日vol.1652掲載

 フロンテスはソフトウェア開発における「テスト」の自動化、効率化を徹底することで生産性を高めている。自社でテスト自動化ツールを開発するとともに、SI(システム構築)にあたっては設計、開発の段階から開発とテストの担当者が密に連携。テストにかかる工数を極力減らすことでSIの効率化と品質向上を両立させている。フロンテスがテストにこだわるのは、創業者の舟崎信義社長が長年にわたってSI現場でのテストの非効率さに疑問を感じていたことが背景にあげられる。(取材・文/安藤章司)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

おすすめ記事