効率化やコスト削減による業務の改善を期待し、AIを導入する企業が多い。NECも顧客とともにAIによる業務効率化に取り組むとともに、AIを活用した新たなビジネス創出も模索している。(山下彰子)