前号に引き続き、GMOインターネットの「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト(GMOブロックチェーンOSS)」を紹介する。第一弾の「医療機関カルテ共有システム」公開から4か月。早くも公開プログラム数は六つになっている。(本多和幸)