「継続課金モデル」と「目利き力を生かしたSI」の二つを収益の柱にする――。こう話すのはユニケソフトウェアリサーチ(亀田裕文社長CEO)の中西佐登司執行役員である。前者はパッケージのライセンス売りからの移行、後者は単純な受託ソフト開発からの脱却を念頭に置いた発言だ。顧客の売り上げや利益に、より直接的に役立つよう、自らのビジネスを変革。ユニケソフトウェアリサーチはこうした取り組みによって競争力を高めている。(取材・文/安藤章司)