ロボティクス関連事業に積極的な神戸市のSIerであるムーブは、PC関連ソフトウェアの開発やISPサービスの提供、WebTV専用ICカードシステムの開発、携帯電話コンテンツの開発などを経て、ソニー製ロボット「AIBO(現・aibo)」の登場を機に関連アプリの開発に取り組んだ。これが奏功し、今ではソフトバンクロボティクス製の「Pepper」でアプリ開発パートナーに認定されている。今後は、先端技術の研究によってロボットと人間が共存する社会を築く一翼を担おうとしている。(取材・文/佐相彰彦)