「名古屋ではIT系の求人倍率が8倍ほど。しかも、その多くは大手にいってしまう。とにかく人材が確保できない」と、ジー・ソフトの野口義時・代表取締役社長は人材不足の状況を説明する。IT系人材は全国的に不足傾向にあるが、なかでも製造業が好調な東海地域は深刻だ。人材の確保は、ITベンダーの将来を左右する重要な経営課題といっても過言ではない。そこで野口社長は、IT業界の未経験者に着目。派遣ビジネスを手がける子会社を受け皿として、エンジニアとしての適性を本人とともに確認することに取り組んでいる。(取材・文/畔上文昭)