ユーザー企業に提案できないSIerのままで生き残れるのか──。さくらコミュニケーションの桑村時生・取締役IT事業部部長は、こうした危機感から中堅・中小企業が抱える課題を解決するビジネススタイルの割合を高める方向へと舵を切った。手始めに、さくらコミュニケーションが本社を置く東京都小平市周辺の企業を訪問したが、反応は厳しいものばかり。魅力ある提案ができなければ門前払いされてしまう現実を目の当たりにすることになる。(取材・文/安藤章司)