もはや保守だけで生き残ることはできない。そう認識してから数年が経つ。かつては8割を超えていた保守事業の比率は下がり、代わりに運用、物販、プラットフォームインテグレーション事業を伸ばすことができた。

石野 誠
社長
 これまではグループ本体が販売していたハードの保守により成長してきたものの、それだけでは次のステップに進めない。そのため、グループ本体に依存したビジネスモデルから脱却し、自らの力で成長していけるモデルづくりに取り組んできた。モノとサービスを組み合わせ、プラットフォームとして導入し、運用・保守していく。18年度はその取り組みが数字として結実した年である。

 19年度以降もこの方針は変わらず、EV向け設備といった非IT分野やIoT、セキュリティーなどの領域を継続して取り組んでいき、事業を拡大させたい。

 われわれはエンジニアの集団である。とにかくロジカルであれと教えられる。「理(ことわり)」を追求することで美しいシステムを構築できる。しかし、そのシステムを使う「人」は「理」では動かない。実際の現場で人を動かすのは「心」である。そういう意味では、最終的にシステムを完成させるのは心なのだ。特にサービス型ビジネスへと転換した現在、顧客とのやり取りで心が持つ重要性は非常に高い。そうした中で、当社の社員一人一人には、顧客を大切にするDNAが根付いている。彼らとともに次なるステップを駆け上がっていく。