経済産業省の「DXレポート」は、既存システムの維持に人的リソースと費用がかかりすぎるため、売り上げや利益に直結する価値創造の領域に投資できるIT予算が十分に割り当てられない点を指摘している。「DXレポート」の作成に携わった和泉憲明・情報産業課ソフトウェア産業戦略企画官は、「時代の最先端を行くデジタル技術の領域に人材や資金を、既存領域からシフトさせていくことがDX実現に欠かせない」と話す。(取材・文/安藤章司)