2020年は新型コロナウイルスの感染拡大が、人の移動やサービスなどあらゆるものに影響を及ぼした。一方、テレワークなどでITの活用が進み、将来に向けて大きな変革が始まった年でもあった。

和田成史 社長

 ビジネスの面では、パートナーが厳しい状況となり、われわれとしても仕事のやり方を変えないといけなかった。在宅勤務などを導入し、これまでリアルで開催してきたイベントはオンラインに切り替えた。

 製品については、奉行クラウドシリーズと奉行クラウドEdgeシリーズの引き合いが大きく増えた。20年はクラウドの製品がほぼ出そろい、売り上げは3倍以上の伸びになった。クラウドの流れは始まったばかりで、今後さらに勢いが増すとみている。ビジネスとしてはこれからが本番になるだろう。

 21年は、引き続きクラウドに注力する方針だ。導入する企業の規模や適用する業務の範囲は拡大していくとみているので、製品の品質を高め、顧客には最高の満足感を提供していきたい。

 20年は現場が必死に対応してきた。開発やサポートの面でいったん整理が必要なので、21年は積極的に攻めるというよりも、将来、伸びていくための環境づくりに重点を置くつもりだ。

 21年はアフターコロナのステージに入ると予想しており、さらに変革の動きは広がるだろう。デジタルトランスフォーメーションの第一歩に向けて、クラウドを軸にビジネスを展開し、顧客に「クラウドにしてよかった」と言ってもらえるようにしていきたい。