年頭所感

【2021年 年頭所感】 ソフトクリエイトホールディングス Re-frame

2021/01/15 09:00

週刊BCN 2021年01月11日vol.1857掲載

 新型コロナウイルスの影響が懸念された2020年だったが、結果的に当社の業績としては予想より上振れしている。特に情報システム関連のビジネスでは、在宅勤務に向けてさまざまなソリューションを導入するという投資が活発化した。ただこれは、とにかく在宅勤務を管理・制御するために各部門がクラウドやセキュリティをばらばらに導入したという場当たり的な側面が強い。コロナ禍をきっかけに情報システム部門やITに対する期待値も変わったことで、今年はIT導入のプロセスや選定理由、ソリューションの枠組みの見直しになるだろう。場当たり的に導入したものを一度完全に見直して、本当にITに求められる機能や、DXに必要なシステムに作り直す年にしたい。そうした思いから、21年のキーワードは「Re-frame」とした。

林 宗治 社長

 特に、さまざまなクラウドシステムを導入したことで、気が付いたら知らないところに重要なデータが存在するということが起こり得る。それを本来あるべき形で管理することが、ITに求められる役割になってくる。そうなると、特定の場所を守る今までのセキュリティではなく、ゼロトラストセキュリティのための統合ID管理や端末管理が求められるようになるだろう。

 また、さまざまなクラウドベンダーやソフトウェアベンダーの商材を当社のクラウド上で提供するという動きも増え、それなりの効果が出てきている。こうした動きは今年も推進していきたい。
  • 1

外部リンク

ソフトクリエイトホールディングス=http://www.softcreate-holdings.co.jp/

おすすめ記事