世界初のLEDプリンタの開発や、世界初のA3ノビ対応のプリンタの投入、業界に先駆けた5年間の無償保証の実施など、特色あるものづくりやサービスを強みにしてきた。ユーザー企業の担当者からは、「そうそう、こういうのが欲しかったんだよ」と多くの感動と共感をいただいており、今後もこの尖った路線を突き進んでいきたい。

森 孝廣 社長

 他社と似たような仕様のプリンタをつくってもユーザーの感動や共感は得られない。さまざまなプリンタを開発して得たノウハウや技術、沖電気工業グループの製造スキルを高度に融合させ、ユーザーの業種、業務の課題を的確に解決する製品開発に力を入れる。専業ベンダーやシステム開発に長けたSIerとも、これまで以上に密接に連携していく。

 沖電気工業のプリンタ事業を分社化するかたちで沖データが発足してから27年。プリンタ事業の一層の発展を目的に、2021年4月1日付で親会社の沖電気工業と統合する。独立採算の観点から、プリンタの工場は沖電気工業本体の工場とは基本的に別ラインで稼働していた。両社の統合によってプリンタ製造の中核的な技術やノウハウを、従来にも増して多くの分野に応用しやすくなる。

 今後はより強化された体制で、「感動と共感」の追求を軸とした事業戦略を推し進めていく。ユーザー、ビジネスパートナー、当社がともに智恵や技術を出し合い、かつてなかったような斬新な課題の解決手法の構築や価値の創造に取り組んでいく。