「Artificial Intelligence for IT Operationsm」(IT運用のための人工知能)の略で、読み方は「エーアイオプス」。AIにITシステム運用業務に関するビッグデータを学習させ、作業の自動化や効率化につなげる方法を指す。システム内のイベントやログ、CPU使用率、メモリ使用量、ネットワーク状況などの多様なデータを自動的に収集・分析、パターンを検出して、問題の原因特定や将来の脅威に対する予防などにつなげる。

 ITシステムの大規模化、複雑化などに伴い、障害発生時の影響はより深刻化しており、運用担当の作業負荷も膨大となっている。AIOpsはAIの能力をIT運用に活用することで、障害への対応力を高めるとともに、運用担当者の負担も大きく減らすことができる。将来的には運用業務の大半を自動化でき、多くの障害を未然に防ぐことも可能とされている。

 AIOpsプラットフォームは多くのベンダーから提供されており、競争はさらに加速していくとみられる。複数の調査会社によると、AIOps市場は大幅な成長が見込まれている。