ノキアの動きが活発だ。次々と投入される新製品は米国の市場を刺激し、売り上げも好調だ。GPSやMP3機能を持つ同社の新製品は、目新しいモノが大好きな都市圏のビジネスマンを中心に人気を呼び、新製品の目玉であるNシリ-ズはすでに1000万台以上を売り上げたという。

 ノキアは新世代携帯電話への移行を積極的に進めるとともに、米国市場をかつてないほどまでに強化すべく、数々の複合機能を持つ新製品の投入や専門小売店のオープンなど、矢継ぎ早に新展開を進めている。郊外のショッピングセンターでは、ノキアのブースが新設され、小綺麗なショールームに新製品が所狭しと並べられている。

 CDMA方式分野の縮小策も公表した。ようやく訪れた新世代への移行期を決して取り逃がすまいとする意気込みが伝わってくる。しかし現時点一番普及しているのはそのCDMA方式だ。アジア諸国や自国フィンランドを含む欧州市場とはいささかズレのある米国市場での利益確保は、困難ではないかと分析するアナリストも多い。

 現在の米国市場をリードするのはモトローラだ。ノキアは巨人の牙城を切り崩せるだろうか。(ニューヨーク発:ジャーナリスト 田中秀憲)