ユーザー企業のニーズ多様化に伴い、SIerはビジネスモデルの1つとして複数メーカーの製品を組み合わせて提供するというマルチベンダー化を余儀なくされている面がある。ユーザー企業が複数のSIerやディストリビュータなどから製品を購入するケースもあり、ここでもマルチベンダー化している実態がある。

 一方で、「SaaS」や「クラウド・コンピューティング」という言葉に代表されるように、インターネットに接続すれば、ユーザーがハードウェアやソフトウェア、データの所在や内部構造を意識することなく利用できる環境が整い始めている。SIerは、自社のデータセンターで情報通信プラットフォームを構築、そこから複数のサービスを提供する形となる。ユーザー企業は、複数のベンダーからサービスを受けるのではなく1社からサービスを受ける。しかも、最近はコンピュータシステムだけでなくファシリティを含めた管理を提供するベンダーも出てきており、1ユーザーに対して1社のベンダーが一気通貫のサービスを提供する時代が到来しようとしている。

 1ユーザーに対して1ベンダーが製品・サービスを提供するという点では「時代は繰り返されている」わけだ。そういった意味で、「ユニ(単一)」がふさわしいのではないか。「ユニファイド」が台頭しつつあることからも、マルチからユニに時代が変わりつつある。(真)