酒も料理も教えてもらった

 渋谷センター街で、32年の歴史をもつパブリックハウス「ワゴン・リ」。センター街の喧騒をまったく感じさせない、落ち着いた雰囲気を漂わせた大人の隠れ家的な店だ。名前の由来となったオリエント急行の寝台列車を思い起こさせるアーチを描く白い天井と、木目のインテリアに囲まれたシックな空間が広がる。開店当初からのお勧めメニューは、「大根サラダ」「なめ茸と海苔のスパゲッティ」「牛肉のガーリックライス」である。

 富士通マーケティングの渡辺雅彦常務理事は30年以上も通い続け、この店を愛してやまない。若い頃は、年に172回通ったこともあるという。「酒も料理もすべて、この店で教えてもらった。お客様を招待する『応接間』であり、気の置けない仲間と食事を楽しむ『ダイニング』であり、気軽に寛げる『リビング』でもあった。たまには、徹夜で飲んで『寝室』にもなった」。「永久(とわ)に存在していてほしい」と願っている。(宮)


東京都渋谷区宇田川町25-3 プリンスビル2F
03-3461-2521
平均予算:4000~5000円(夜)