▼メールやチャット、テレビ会議などのコミュニケーションツールの登場で、情報の発信や収集は以前に比べてはるかに簡単になった。最近では、スマートフォンとソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を組み合わせたコミュニケーションが流行している。本紙の記者も、SNSで情報を集めたり、取材先と意見交換したりする機会が増えてきた。

▼その一方で、リアル(アナログ)なコミュニケーションを求める企業が増えてきたように感じる。社員旅行や、従業員の家族を対象にしたオフィス見学会を復活させたという話を聞くようになった。福岡のある会社では、「会議の後は、その夜に必ず飲みに行け」というルールをつくった。「会議室では話せないことがあるし、意見が合わずに殺伐とした雰囲気になることもある。だから、お酒の力を借りて本音をぶつけ合い、次の日にしこりを残さないようにする」のだとか。

▼ITの進化で、顔の見えないコミュニケーションが増えてきたが、膝を突き合わせての意見交換に勝るものはない。メールの連絡では、誤解を招いてトラブルが起きることもしばしば。今まさに、アナログコミュニケーションの価値が見直されている。(鈎)