ITビジネスの最前線を、全力疾走されているさまざまな人材に、じっくりとお話をうかがう機会を得られるのは、記者の仕事の醍醐味です。とくに、経営層にあたる人は、燃えたぎるような情熱をもってビジネスに向き合っておられるケースがほとんどですから、インタビューしたこちらがパワーをもらい、前向きな気分で取材を終えられることも少なくありません。

 つい最近まで、ビズリーチのCTOを務めておられた竹内真さんへのインタビューは、まさにそんな取材でした。与えられた能力をフル活用し、その成果を社会に還元していくことを、自らに義務として課しておられる。易きに流れることを嫌い、自らの堕落に常に敏感であろうとされている。それでいて、棘を感じさせないコミュニケーションスキルをも身につけておられる。僭越ではありますが、素直に感心しました。世の中を変えていく人というのは、かくあるべしということかもしれません。

 週刊BCNのショートインタビュー「Face」は、そんな人材が数多く登場します。たまにはこの記事だけを、過去にさかのぼってまとめて読んでみるのも面白そうです。(本多和幸)

【記事はこちら】
ビズリーチ 取締役スタンバイ事業本部本部長 竹内 真
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2015.9.2」より