旨味を最大限引き出した肉料理

 落ち着いた雰囲気でカウンター席もあり、一人でも入りやすそうなビストロだ。牛、豚、鶏、鴨、ラムなど、さまざまな肉料理を比較的リーズナブルに味わうことができる。看板メニューは、牧草のみで飼育された「グラスフェッドビーフ」のサーロインステーキ(写真)。低温で6時間~12時間かけて火を通すという独特の調理法で、「肉の旨味を最大限引き出すとともに、柔らかい食感に仕上げている」という。

 二つのフィットネスジムを目的別に使い分けるほどストイックに身体づくりをしているWEICの小山信和氏は、トレーニングの後にMOZUで肉を食べるのが定番になっているという。「脂が少ないヘルシーな赤身肉を美味しく食べられ、コストパフォーマンスもいい。気軽に入れるところも気に入っていて、料理よし、スタッフよし、雰囲気よしの店だと思っている」とのことで、ビジネスでは使わず、プライベートなお気に入りの場所として大切にしている。(霹)


東京都六本木7-10-1 福一六本木ビル1F
03-6804-6976
平均予算:5000円程度(夜)